2016年12月26日

MERRY CHRISTMAS AND LAST SHOW

年の瀬も迫る12月23日 ビッグサイトで行われました今年最後のショー
「東京インターナショナルドッグショー」に行ってきました。
今日でヴィッキーさんの二か月に亘る合宿が一旦、終わりまして
年末年始は我が家で過ごします。

当犬舎の繁殖犬のルークも参加していました。

IMG_0721.JPG

インターでしたが、なぜかオープンクラスは、オスが二頭だけでした。
ルークは、ウィナーズでしたが、BOB選では、惜しくもリザーブCACIBでした。
IMG_0744.JPG
本当に僅差のリザーブでジャッジが迷っていた接戦でした。
でも、この調子だとすぐにでもチャンピオンになれそうな内容のあるリングだと思います。

そして、ヴィッキーですが、どうも出番前から異常に興奮していたようで(笑)
IMG_1871.JPG

写真ではわからないのですが、バタバタしておりました(笑)

IMG_0775.JPG

IMG_0778.JPG

結果はこちらもリザーブでした。

終了後、ヴィッキーの子供のボンド君とアレン君と久しぶりの面会!
IMG_1864.JPG
ボンド君
IMG_1868.JPG
アレン君

アレンは、ヴィッキーのそっくりでした。
ボンド君はジャック系の顔でしたが、2頭とも
色素もコートも良くてほっと一安心。
サイズもコンパクトでした。

クリスマスバージョンの写真フレームで
CHRISTMAS CARDを作ってみました。

JACK AND VICKIE
IMG_1848.JPG
VICKIE そして JACK
IMG_1879.JPG
IMG_1882.JPG

今年、1年いろいろありましたが、うちの子たちを本当に可愛がって愛情を一杯注いで
いただき、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいませ!

posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 10:09| Comment(0) | DOGSHOW

2016年12月05日

ご存知ですか?知覧

今日はビションネタはございません。
皆さん、ご存知ですか?知覧特攻平和記念館。
名前の通り、知覧は特攻機が沖縄まで飛ぶ燃料を節約するために、訓練所から
基地へと変わった場所です。
知覧からは500名弱の方が特攻へ行かれました。
戦後の教育で特攻という名は、良い印象を持たないように指導されるか
それとも無視されるかという憂き目に遭遇してきました。
ここへきて初めてわかる事。魂を揺さぶられる事。自戒の念・・・
決して特攻を美化していない(永遠のゼロもそういわれていましたが)、映画と違う事実が
そこにはあります。
私は42歳の時に初めて訪れましたが、涙があふれて資料が読めず
3時間の滞在で10%程度しか読めませんでした。
今回で3回目になりますが、教育って本当に大切だと思います。
彼らの年齢は若い子で17歳〜25歳前後の子が中心で、
写真を見ても本当に子供っぽい笑顔で映っています。
最初に見た時は、これが死を前にした人間の笑顔・・・こんなにさわやかにけがれなく笑顔ができるなんて
驚くしかありませんでした。
そして資料を読んでいくと、彼らの想いや特攻で死んでいく価値を自分なりに
納得させてから臨んでいったのだと理解できるようになりました。
皆さん、自分の心情を殺して書いていますが、最後には必ずお母さんという言葉が
出てきます。
語り部の方が仰ってましたが、突撃する時はお母さんと大きな声で叫びながら
突っ込んでいったのではないかという事です。
でも、誰もそれを知りません。
母という存在は本当に偉大だなと思います。

私はここに最初に来た時にある大きな決断をしました。
生きたくても生きていけない、死なないといけない。自分の祖国や家族を守るために。
どれだけ無念があってもそれを死んでいく理由に昇華させてお亡くなりになった方々。
それに比べて自分の人生はなんとまあ平和ボケでなんとなく生きてきたんだろう。
恥ずかしくて顔向けができないなと痛切に思い、もっと違う生き方をしようと思いたった
訳です。ですので、この場所は今ある私の原点と言いますか、故郷のような気がします。

叔父が陸軍で招集されて戦死していますので、小さい頃から戦争については
考えてきましたので、もちろん平和主義者です。
この知覧も二度とこういう悲劇が起きないようにと願いを込めて作られています。

ある共産党の方が特攻隊はテロリストだという見当違いな事を言ってましたが
一度、ここへ行って見てこいと声を大にして言いたい。
そのうえでまだテロリストだというのなら
それは日本人の心を亡くした似非日本人だと思います。

もっと、書きたいこといっぱいありますが・・・
ちなみに、帝国大学の学徒出陣で来た特攻隊員は、特攻の前日に微積分の勉強をされていました。
明日、死ぬというのに年狭してどうなるのか?と思いましたが
本当に好きなことをやりたかったんでしょうね。
今、彼らが生きているならば、日本はどんな国になっていたんでしょうね。
きっと、今よりはいい国になっていたんだと思います。

玄関から見た記念館
IMG_1807.JPGIMG_1802.JPG
これは中等クラスの練習機です。

IMG_1804.JPG
これは、映画で使われた飛行機(飛びません)。ゼロ戦です。

IMG_1810.JPG
特攻隊の隊員が飛び立つまで生活していた兵舎。

IMG_1812.JPG

ご冥福をお祈りします。

IMG_1817.JPG

Jackを連れて行ってお留守番。
車に帰ったら、多くの人に囲まれていました(笑)





posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 15:27| Comment(0) | 日記