2017年05月26日

とある記事二点

とある記事二点・・・
一つ目は、流行っているのかわかりませんが、ティーカップトイプードルの記事。パンチ
こんな記事です。
争点「40センチで骨折」ペットサロン45万円支払いで和解
 トイプードルが骨折したのはペットサロンの不注意が原因だとして、飼い主の女性がサロンの運営会社(大阪市)に約100万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、会社側が45万円を支払うことで和解した。見た目が可愛く、室内犬では一番人気だが、高さ40センチの台から飛び降りただけで骨折していた。獣医師は「トイプードルの骨は割り箸のように細い」と注意して飼育するよう呼びかけている

トイプードルでさえ、骨が弱かったり、関節の悪い子が多いのに、
ましてや、ティーカッププードルなんて・・・二センチ程度の太さの下腿骨らしく。。。
友人宅のタイニーサイズのプードルは、応接間のテーブル(30センチ程度の高さ)から
落ちて亡くなったそうです。
小型化も進みすぎると問題が多くなってきます。(ちなみに120万円位するそうです)
買う人がいるから、小型化していくんでしょうが、健康面も考えると
どうかな?と思ってしまいます。



次に、ある北欧のブリーダーさんの記事があったので、ご紹介しておきます。
ノルウェーかスウェーデンのブリーダーさん(シーズーのブリーダーさん)で
彼女のサイトに掲載されていたブリーディングの考え方を紹介されていました。
彼女は、まず、繁殖をこれからスタートする人にはとにかく良いメスを探しなさいと
アドバイスしているそうで。
一番大事なのはメスのラインで、お母さん、おばあちゃん、そしておばあちゃんの姉妹、
お母さんの姉妹、先腹があれば同胎のメスを徹底的に調べる事と言ってます。
種オスの良し悪しを多くのブリーダーはとても気にするが、オスはそこまで
影響はしないと言います。
遺伝学的にもそれは言えるかもと納得!
そして、例えば4頭子犬が産まれて一頭だけいいのがいても
それは遺伝的に使えないし、使うべきではないと言ってます。
というのはタイプがばらけているから、次にどういうタイプが出てくるのかわからない
からという理由らしいです。
同じ犬舎(ライン)で揃えるべきと言ってますが
(日本ではそれは無理ですね。外国産のラインが入ってきても
因果関係のないラインだったり、かけるオスがいなくて
チャンピオンだったら、誰でもいいからかけようとしたり)
ある犬舎では、欠点が一緒でいつも違ったタイプの犬が出てたりしています。
それはメスのラインが悪いと言っています。
タイプを安定させるのには、何度も因果関係のあるラインを
組み合わせる必要があるそうですが、逆に、血液が詰まってしまうという
難点も出てきます。
その辺りが、本当に難しいなと思っています。
ちなみに、JackとVickieの血統上は、4代目位には、同じ犬名が
出てきます。それを狙って輸入したというのもありますが
次から、また、輸入するのが難しくなってしまいますね〜。
あー難しい。

という事で、うちの歴代の女の子を・・・

marie-sakura.jpg

120519_131159s.jpg

IMG_1130.JPG
posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 10:18| Comment(0) | ブリーディング

2017年05月25日

自作 血統書

昨年、産まれた仔犬たち。
5月17日生まれでしたのでちょうど満一歳になりました。

記念というか、ちょっと思い立って...
海外のブリーダーさんたちは、こういうのを各自犬舎ごとに作っている人が多く
私もそろそろ写真入りの血統書を作ってみようとネットで写真を拾いながら
作ってみました。

1New litter .jpg

残念な事に、ヴィッキーのおばあちゃんの写真が探しても出てこないので
諦めました。オーストラリアの犬舎です。

脈々と続く血統は、その犬舎の設計図のようなものですから
血統書を読み解くとわかる事が沢山あります。
写真を付けると余計にわかります♪
楽しいな〜。
posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 15:46| Comment(0) | 仔犬

2017年05月17日

誕生日おめでとう!

VickieとJackの最初の子供が生まれて
初めてのBirth Dayです。

IMG_1696.JPG

思い返せば。。。
びっくりするくらいの安産だったVICKIEで、知らないうちに二頭も赤ちゃんを産んでいました。
夜中に気が付いて、明かりをつけるとへその緒を付けた二頭の赤ちゃんが
おっぱいを飲んでいました。
慌てて、産箱へ運び、その後4頭産みましたが、
一度たりとも声を上げることなく、普通に生み落としました。
フィンランドへ生まれたという連絡と、知らないうちに二頭産んでたよというと
お母さんのLempiも内緒で産んでたらしく(笑)
そんなところが似なくてもいいのにと大笑いしていました。

その後もVickieは、省エネの授乳で(手抜きをしながら)
子育てをしました。そのおかげでJackが子育てを手伝えたので
とても喜んでいました。

ちなみにChappyも同じ誕生日です。
IMG_201307034496 (2).jpg

チャッピーは冷凍精子で生まれたので、一頭だけでした。
とても大きくて重くて250gもありました。
(ちなみにVickieの子供は160g前後でした。)
しかも、おっぱい飲み放題で、巨大児になり、歩くのも遅かったです(笑)

今まで、何頭か産んでいますが、死産が一頭だけで
産まれた後は、みんな元気に健やかに育っています。
本当にありがたい事です。
チャンピオンも繁殖した子では6頭になり、最年少はアレン君の10ケ月半でした。
最年長チャンピオンは、チャッピーで2歳8ケ月でした。(意外に苦戦(笑))

チャンピオンが偉いっていう訳でもなく、
健康で問題なく家族と生活するのが一番!
お誕生日、めでとうございます花見(さくら)

posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 10:43| Comment(0) | ビションフリーゼ