2019年09月05日

今、思う事・・・。

文章が長くてすみませんと予め誤っておきます(笑)

私がビションと出会ってから11年。
ブリーディングを始めてから10年になります。
あっという間ですが、こんなにはまってしまうとは(笑)
想像もできませんでした。

いろんな出会いがあり、良いことばかりではなかったですが
やはりやってきてよかったなと思っています。

来年、イギリスから男の子が来ますが、これで、私の考えている
雄雌,各3本のラインが完結します。

もうこれ以上、海外から自分で買う事はないと思っています。
今までブリーディングして子犬の成長度合いをデータ取りしました
ので、ある程度の傾向がわかってきました。
IMG_0572.JPG

科学的(血統的な)データと自分の勘との
妥協点を探りながらのブリーディングでしたが
なかなか難しくて、経験値もいりますし、血統的な要素(先祖返りもあるし)の割合
とかやはり自然相手のことなので難しいです。

私が外国産を積極的に入れた理由は
自分の好みが明確になったのと同時にそれに見合うビションが
日本では手に入らないと思ったからです。
この世界は、しがらみも多くて、一度買ったら
他のブリーダーさんから買うことが出来ないようです、
それならと(偶然も重なり)海外へ舵を切ることになりました。
せっせと海外へ行って友達や人脈作りをして
自分なりに見識を広げてきました。

その結果が外国産ばかりになってしまったのですが。
100点の犬って世の中に存在しないので、外国からの子が
満点というわけではないです。それを前提に自分なりの理解で
それを補うオスを探すんですが、島国なのでEUのように
フリーで動けるわけでもなく、どうしても日本国内での
ブリーディングになります。

まあ、細かいデテールは省きまして。

今日のテーマは跡継ぎ問題です。
後継者不足は、世界でもやはり問題で(笑)
特に、海外は趣味が高じてブリーダーになっているので
後継者はほぼゼロです。
しかも皆さん老後の楽しみでやっているので、
お年を召されて、病気や体力的な問題(死亡も含んで)が結構出てきます。

あるイギリスの犬舎の人も年老いて、そろそろやめようかと
いう方からも連絡が来てもう無理かもって言ってました。
そういう方は、老犬だけ残して、ブリーディングに使える子は
すべて譲って、やめていくというパターンが多いです。

そんな話を聞くと、自分もあまり長くはできないなとか
この先せっかく手に入れた海外のルートもなくなると思うと
とても残念で。。。

何とか後進を育てたいと思い始めました。

そんな考えで、これから人材育成に舵を切ろうかと思いながら
過ごしています。
ただブリーディングは、いい子を作るより、良いオーナーを作るのが
難しいので、適性も必要ですし、資金力もある程度いります。
トリマーさんが望ましいが、ビションにハマってくれるようなトリマーさん
がいたらなら、一生懸命育てたいと思っています。

そんなことを考えながら、毎日、過ごしていますが
もし、我も!と思う方がいらっしゃったら
是非お声掛けください。
学生さんでもトリマーの新人さんでも遠方でも
やる気次第でご相談に乗れますので
お気軽にご連絡下さい。

お待ちしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ビションフリーゼ専門犬舎 岐阜、三重、愛知
ビションフリーゼ子犬販売
犬舎見学はお気軽にメールにて、お申し出ください。
お急ぎの方は、お電話くだされば結構です。
また、ビションについてのご質問(ブリーディング、トリミング、管理、ショーについてなど)
もご遠慮なくメールください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 00:00| Comment(0) | ブリーディング