2020年01月23日

オスとメスはどちらが飼いやすいか?の問題

見学にお越しになる方の多くは、女の子をご希望されます。

また、よく話を聞いてみると、どちらでもいいのでは?と思う事も多々あり・・。

そちらがお勧めですか?というご質問も出てきます。

私はブリーダーという役割を担っていますので
どちらも飼っておりますので、そんな立場から
ご意見を述べさせてもらうと・・・

もし、ブリーダーでなかったら、オスを選びます。
なぜか?

⓵とても性格が可愛いのです。
甘え上手で、そこまでべたべたはしないし、
一人でいてもそんなに気を使わなくていい。
叱っても後を引きません。(ここがメスと違うところ)

⓶旅行など連れて行ってもマナーベルトさえあれば
どこでもおしっこが出来るので、ちょっとした雨降りにでも
天井がある少しのスペースでおしっこをさせられます。

⓷おうちの中ではほとんどマーキングはしません(しつけ方次第ですが)
Jackはトイレでしっかりしますが、他の子が来るとしばらくは
マーキングする可能性がありますので、マナーベルトを着けて
様子を見ます。

等などが飼いやすい点

デメリットは、
男の子の場合は子孫を残すのがなかなか大変です。
この子の子供を残したいと思っても
相手の女の子の飼い主さんがOKしないと
子供は作れません。
ですので、最低限チャンピオンになっておかないと
お声のかかる率はほとんどゼロパーセントです。

メスの場合は、自分で男の子を選べる(お金さえだせば交配してくれるブリーダーは
たくさんいます)ので、その子供は残せる可能性が高いですが
実際には、出産、子育ては想像以上にリスキーですし
ブリーディング学的に言っても素人は手を出す領域ではないと
思います。

ただ、お客様の中には、生理的におちんちんを受け付けないという方も
いらっしゃいますので、何とも言えませんが・・・

誤解をしたままどうしてもメスが良い!!
と思いこまないようにという事でした。

IMG_2309.jpg

さて、来週にはMimmiの初めての出産があります。
水曜日か木曜日くらいだと思いますが
昨日、フィンランドへお母さんの出産はどうだった?と聞くと
64日か65日目だったけど、出産は安産だったし。前兆は全くなかった
と言っていました。
ただ、姉妹のテキーラは、56日目ですごく小さく生まれたけど、みんな元気だけど
成長が遅いとか。
ノルウェーのDustyは、60,61日目だとか・・・。
とりあえず、明日、レントゲンを撮って
頭数確認だけしておこうと思っています。

現在、予約の方は3名いらっしゃいますが
おそらくそれ以上はいると思いますので
頭数がわかった段階で、オーナーさん募集をさせてもらいます。

今回のおまけ(笑)
IMG_2296.JPG

最後に、出ていった勝利君の可愛いお顔を・・・。
娘さんのフラダンス部の毛集うんい使うツケマを
使用中(笑)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ビションフリーゼ専門犬舎 岐阜、三重、愛知
ビションフリーゼ子犬販売
犬舎見学はお気軽にメールにて、ご連絡ください。

また、ビションについてのご質問、
お尋ねがございましたら(ブリーディング、
トリミング、管理、ショーについてなど)も
ご遠慮なくメールください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 10:02| Comment(0) | ビションフリーゼ