2018年10月24日

ブリーディングの目的

一部修正して・・・
ブリーダーの目的は・・・?

欧米でもっとも嫌われているのがパピーミル。
そして、最も軽蔑されているのキッチンブリーダーと言われる素人繁殖。
ドッグショーの世界でも嫌われているのが、フェイスブックやネットで
FOR SALEとして売っているブローカー(ブリーダーとは呼んでないです)。

実は、その組み合わせで出産をさせようとしているブローカーとキッチンブリーダーが
ついに日本に現れました。
(きっとこのBLOGを読んでいるはずだと思います)
うちで繁殖したメスに、FOR SALEで買ったオスを交配して
キッチンブリーダー化させて、その子をブローカーとしてブログ友達に売りさばいて利益を上げようと
いう人が現れちゃいました。

ブリーディングをするという事。

どんな素晴らしい犬も基本的に100%の犬はいませんので、
ブリーディングをする時に、真っ先に考えるのがその欠点の補正です。
次にタイプの固定化(色素とかバランス、コート等)。
それらを鑑みて・・・良い犬を作っていこうと考えます。
最初からペットでいいやと思って繁殖を考える事はしません。
そういう積み重ねで、世に出ているわけです。

所がこの組み合わせ(キッチンブリーダー化したオーナーとブローカー)は
素人ですから、犬は全く理解できていません。
海外のも見たことがないし、、日本のごく一部で見ているだけ。
ましてや、自分でシャンプーやコーム一本入れたことが無くて、毛玉だらけ。
ドッグショーを見ていても、自分の犬が勝つことだけを願っています。
自分の犬の欠点長所も理解できていません。


ブリーディングはメスがとても大事です。
そのメスより格上のオスをかけないといい子はできません。
命のリスクを犯して母親は子犬を産みます。
そんなリスクの上で、繁殖をするわけなので、慎重に
相手を選び、厳選していきます。
ペットだから。。。ペットだから。。。
それなら作るなと言いたい。
いい子を狙ってブリーディングして
期待外れだとしたら家庭でペットになればいい。
100%ショーで活躍できるクオリティの子はそんなに
簡単には作れないので、残った子はペットで良いのです。

そんなこともわからないで、素人が繁殖しちゃいけないのです。
いい血統のオスといい血統のメスをかけて出たら
いい子が出るなんて迷信ですから。

私の知る限り、あのオスで欠点を補正できるはずがなく
母親より上は絶対出ません。母100点だったら子は最高で80点でしょう。
ペットだから、売れるからいいと考えているようですが
そんな金儲けに命がけで産む母親を使ってほしくない。
金儲けじゃないというなら、無償で譲ったら?
と思います。

文句があるなら、かげでこそこそやらずに直接どうぞ。
お待ちしています。

名前を公表したいくらいですが。。。



posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 00:00| Comment(0) | 仔犬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: