2018年10月26日

何度もすみません。

何度もご説明してすみません。

当犬舎では年に一度ほどしか子犬が産まれていません。
ブリーディングしない年もあります。

もうそろそろ、Vickieが出産ですが
来年の予定は、Mimmiです。

いつも交配相手は、KatjaとPaulineとも相談しながら
決めています。

で、子犬の予約の方法なんですが
必須条件として、犬舎見学を必ずしていただきます。
(どんな遠方の方でも)

犬舎見学をしていただいて、当犬舎の繁殖方針、飼養環境、お渡し後の飼い方など
お互いに納得できた上でお申し込みしていただけます。

長い方では二年ほどお待ちの人もいます。
ただ、長い期間待つのも大変つらかったり、待ちきれなかったり、
飼えない環境になったりとかで、決して予約順になるわけではありません。
基本的にショードッグを作っていますので
優先順位はショーに出したい方を優先します。
(繁殖屋やその類の方には一切お渡ししません)

良く、うちは家庭犬でペットで良いですからという方が
来られますが、予約以上に子犬が産まれたらお渡しできる可能性がありますが
長期お待ちいただく覚悟で予約ください。

中には、最初から家庭犬(ペット)でいいから
かわいい子を作っていきたいというブリーダーさんもいますので
安くていいかもしれません。
それを全然否定をしませんし、プロのブリーダーさんなので
知識も豊富ですので、キッチンブリーダーとは違います。
繁殖については、犬舎ごとの考え方の違いでもちろん容認しています。
探せばそういうブリーダーさんで良心的な方もいらっしゃいます。

日本のビションの世界を10年経験してきて、ショーシーンも日本、海外含めて
見てきて思う事も多々あります。
私は一人で独力で一匹狼でやっていくつもりでしたが、海外を経験すると
TEAMがいるのかな?と思い始めました。
信頼できる仲間で繁殖やショーイングをやっていかないと
もし、自分が辞めた後、苦労して集めたうちの血統はどうなるんだろう?とか
考え始めました。
イギリスは完全に個で夫婦でやっておられる方がほとんどですので(高齢です)
亡くなると、だれかに犬を全部お譲りして、やって行ってもらうような感じです。
ヨーロッパのほかの国もそういう所が多いのですが、中にはチームを組んで
その中で広げていく人も多く、そうあるべきなのかな?とも考えています。

日本は、派閥という感じになってしまうので(縛りがきつかったり、あれとは口をきくなとか)
最低限の礼儀さえあればいいと思うんですが、派閥から出ていったらつぶすとか物騒な話も
見聞きします。
そんな感じではなくて、本当に良いビションを作っていってショーを楽しんだり
トリミングを楽しんだりできるようなチームを作っていくべきなのか?と思い始めました。
ビションを初めて10年、単独展を3回やりました。
外国産の子を入れて5年、底辺拡大(良いビションを知ってもらうため)が日本の喫緊の課題を
捉え、繁殖した子はショーに出してクオリティを見てもらい、今までの子とは
他の人にちょっとタイプが違ってるね、いいね!!とか言ってもらえるようにな
興味も持ってもらえるようになりました。
ユーロッパタイプを少し理解していただいている雰囲気も出てきました。

ひとえに、今までオーナーさんたちに無理を強いた部分もあったと思いますが
私の考えやショーに対する理解を求め、実際に出してもらって
何頭もチャンピオンにさせていただいた結果がようやく最近そういう理解が
広がっていったんだと思います。

ですから、うちの子をお持ちになってもらうとそういう役割の一端を担っていただきたい
という想いもかなりあります。

本来、犬舎見学の時にお話しする内容ですが、遠方から
交通費、時間を費やしてお越しになってから、
そんなことなら来るんじゃなかったと仰られると申し訳ないので
老婆心ながら、書かせていただきました。

IMG_1364.JPG
私の一番好きな写真です。Vickieのショーデビューの時の写真です(Finlandです)
IMG_1059.JPG
日本でのショーの様子です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
犬舎見学・・・まずはメールにてお問い合わせください
 (ホームページをご覧ください)
ビションフリーゼ専門犬舎 岐阜 三重 愛知
ビションフリーゼ子犬販売
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 10:10| Comment(0) | 仔犬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: