2021年02月11日

Maya's STORY

昨年、ラトビアから来たMayaのお話です。

どの子もドッグショーにチャレンジしていると
ドラマというかストーリーが作られていきます。

偶然というか、必然というか…運命的なものが
あります。

特に外国からくる子については、
飛行機に乗って検疫を通して
大変な作業の上でやってくるわけです。

Mayaは、今は福岡のオーナーさん宅で
終の棲家として落ち着こうとしています。

彼女も最初は、(経緯は以前にも書きました)
全く違うオーナーさん宅へ行く予定が
二転三転して(ラニも絡んできますが)
今のオーナーさんに決まりました。

まるでMayaがここは嫌、ここがいいという感じで
メッセージを送ってくれたみたいな感じでした。、

オーナーさんが決まったのは、迎えに行く寸前で
明日旅立ちという日でした。
本当なら5月17日に取りに行く予定が
コロナのおかげで伸びて。。。
逆にいうなら、コロナがなかったら
彼女は全く違うオーナーへ渡っていたでしょう。、

何事も後でなるほど、そういう運命だったのか!
と納得することも多くて
まさに、犬がオーナーを選ぶということだと
思えて来ます。

日本へきてから1週間で
中島さん宅へ準備のために合宿へ行き
約半年、ショーに出ました。
きっと彼女は中島さん宅がオーナーさんだと思っている
ことでしょうね。

日本では6回ショーに出て
BESTINSHOW、QUEEN、BIGを四回、BIG2、BIG3が一回づつ、一回という結果でした。
いい子を連れてこれて本当に良かったと思っています。

IMG_6039.JPG

ユーロショーの時のMayaのお母さんのSakuraちゃん。
IMG_7386.jpg
素晴らしかったです。
本当は、違う犬舎の子が来ることになっていて
その子を見に行ったんですが、
とても輸入できるレベルではなくてがっかりしてお断り
したのですが、この子を見て、感激してオーナーと話していたら
日本でショーをやってくれるのなら
子犬を渡すといってくださって、Mayaが来ることになりました。

この子も日本へ来ることが運命だったのですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ビションフリーゼ専門犬舎 岐阜、三重、愛知
ビションフリーゼ子犬販売
犬舎見学はお気軽にメールにて、ご連絡ください。

また、ビションについてのご質問、
お尋ねがございましたら(ブリーディング、
トリミング、管理、ショーについてなど)も
ご遠慮なくメールください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 20:18| Comment(0) | ビションフリーゼ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: