2022年11月20日

ラニ君とカーラ

土曜日(11月12日)のドッグショーで
ラニ君がベストインショーをいただけました。

今年で5回目です。
Lani君.jpeg

そろそろショードッグとしての旅が終わりを迎えつつあるラニ君。
これが最後のベストインショーになるのか、いや、まだ、可能性はあるのかと
いうところですが・・・

最後まで上を目指して頑張ってほしいです。

で世代交代ではないですが、カーラちゃんもベストインパピーをいただけまして
これで三回連続で最高評価をいただいています。
カーラ.jpeg

以前も書きましたが、ショードッグは永遠にそれであり続けることはできないので
辞め時を決めることも大事な事です。

犬にとってもそのクオリティを保てなくなってショーに出ることは
あまり良い事でもありません。

人間のエゴじゃないかと思います。
ある一定の評価や目標が達成出来たら、次の生活(ペットでご家庭で家族で過ごすこと)
を考えてあげるのがオーナーの仕事ですね。

犬は何もわからないと思うかもしれませんが、
実はとてもよくわかっています。(と思います)

歳をとった犬は、やはり、若い「油の乗り切った」子が出てくると
やはり、落ちて見えます。
人間も犬も晩節を汚すことは、私の美意識からすると
許せません。
その子らしさが無くなったらもう引退させてあげましょうと思うのが
親心じゃないかなと思います。

ですので、ラニ君もまだまだ若いし、やって行けばまた、勝てると
思いますし、やればできるのですが、彼を預けているオーナーさんご家族も
離れ離れで寂しい時を過ごされているので、そろそろ・・・と
思っています。
ドッグショーはプラスアルファです。
犬の短い一生のほんの一コマの、ある一面にすぎません。
たまたま、良い血統に恵まれて良いクオリティを持って
生まれてきただけです。

オーナーさんが、この子のポテンシャルがあるのなら、伸ばしてあげよう
トライさせてあげようと思ってもらえるのなら
そんなにたくさんあるチャンスでもないですから、チャレンジさせてあげてください。
きっとその子との思い出はもっと深く多岐にわたって残ると思います。

ふと、ラニ君のベストインを思いながら考えてみました。

来週の大阪の単独展で一応ラニ君は一線を退くと思います。
シュープリーム、アワードと総なめの一年でした。
1月中旬から11月下旬まで(夏休み約一ヶ月)の長期ロードでの
合宿でした。
来週は、大阪へ見に行って目に焼き付けてこようと思います。


頑張れ!ラニ!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ビションフリーゼ専門犬舎 ビションフリーゼ子犬販売 
ハイクオリティのビションを日本に広げていきたいと願い
ブリーディングしています。
犬舎見学はお気軽にメールにて、ご連絡ください。

また、ビションについてのご質問、
お尋ねがございましたら(ブリーディング、
トリミング、管理、ショーについてなど)も
ご遠慮なくメールください

#bichonfrise #ビションフリーゼ ♯ビションフリーゼブリーディング #ビションフリーゼ子犬
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 16:52| Comment(0) | DOGSHOW
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: