2019年11月20日

Moscow

たまたま、ご縁があってロシアから
子犬の輸入のオファーがありまして
大阪のお友達の所へ行くことになりました。

検疫の手続きや向こうでやってもらう事など
がたくさんあって大変なんですが、クオリティの高い子を
探すときはやはりそういう労を厭わない精神でいかないと
できません(笑)

今回は、2泊4日の強行スケジュールでしたが
モスクワまでブリーダーさんに来てもらいました。
一緒のホテルへ泊まって、一日だけ、従妹がガイドで
モスクワ観光をさせてもらいました。

地下鉄に乗って、「赤の広場」へ。
プーチンはいるのかと聞いたら、これはレーニンが作ったので
プーチンはいないという事です(笑)
IMG_1191.JPG
IMG_1192.JPG

ここが一等地のようです。
で、富裕層が行く近くのデパートへ。
IMG_1217.JPG
IMG_1186.JPG
ちょうど、クリスマスシーズンで、クリスマス用品を売っていました。
ロシアは1月に本当のクリスマスと新年をお祝いするそうです。
外に出ると、鳩とフクロウを手乗りに訓練して
記念写真を撮らせるという仕事があって
IMG_1174.JPG
沢山の人が写真を撮っていました。

気温は2℃でとても寒かったので
ロシアの伝統料理のボルシチを食べに行こうと
話したら、発音が違っていて通じなくて、
ボルショーとかいう発音が正しいようです。
IMG_1194.JPG
中身をいろいろ選べるようですが、無難にビーフを頼んだんですが
シカ肉も入っていて(北欧や寒い国はシカが食用ですね)
美味しかったです。

その後、何とかという公園(名前が難しくて覚えられません)へ行ったんですが

IMG_1204.JPG

技術館みたいな感じでガガーリン(彼らにとっては超偉人)の記念博物館でした。


IMG_1226.JPG

この人が、YARIKAという犬舎のブリーダーさんで
FinlandのKatjaの紹介で話が来ました。
小学校の先生ですので、今回は休みが取れず、土日で
会うことになったんです。

翌日、空港で、お別れしたんですが
前日から、ロシアの空港は犬を置き忘れたりする事が
多いので、何度もスタッフへ聞けと言って
チェックインの所までついてきて
何度もスタッフに気をつけろと言ってました(笑)

私にも聞けというので、JALのスタッフに行ったら
JALは今まで一度もそんなことしてませんと言われました。
日本では普通、そうですよね(笑)
出発前の検疫チェック(出ていくのに丁寧だな?と思いましたが)
IMG_1229.JPG
空港では、ブリーダーさんが大泣きで。。。
慰めるのがとても大変でした。
こちらも、つられて泣けてくるし・・・
気持ちもとてもよくわかりますので、何とも言えません。

で、チェックインから12時間程度クレートの中にいて
到着した初めての日本。(成田ですけどね)

IMG_1234.jpg

お昼に着いたのですが、空港からの車の中で
オシッコとゲロしちゃったので
とりあえずシャンプー。
IMG_1241.jpg
IMG_1245.jpg

日本で初シャンプーでした(笑)

とても小さくて可愛らしいのですが、コートがまだまだ赤ちゃん毛ですし
とにかく甘えん坊でいつもついて歩きます。
1週間ほどうちにいて様子を見てから
今週末、また新しいおうちへ引っ越しです。

来年からショーに出られたらいいな〜。
AMYと被るけど・・・。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ビションフリーゼ専門犬舎 岐阜、三重、愛知
ビションフリーゼ子犬販売
犬舎見学はお気軽にメールにて、ご連絡ください。

また、ビションについてのご質問、
お尋ねがございましたら(ブリーディング、
トリミング、管理、ショーについてなど)も
ご遠慮なくメールください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 00:00| Comment(0) | ビションフリーゼ

2019年10月18日

ビション トリミング についての私感 

ご覧いただいて気に障る人がいましたら
あくまでも私の感想なので、ご容赦ください。

年に一度トリマーさんたちは、競技会のブロック予選があって
優秀賞をいただくと全国大会的な競技会へ出場されます。

なんでそんなことをやるのか?というと、トリマーさんの地位向上、
スキルアップ、モチベーションアップというのが目的なんでしょう。
実際に参加されてる方は、一生懸命これを目指して勉強されていると
思います。

私はトリマーではないので、経験値から申し上げられないので
あくまでも個人的な思いを書き留めておきます。
もし、批判、お叱りでもございましたら、メールを頂けましたら
真摯に対応します。

おそらくこのライセンス制度についてはメリットはかなり
あった(過去形)と思います。
ただ、長年運用していくと、劣化してくるのがこういうライセンス制度なので
最近は、劣化したなと思う事が多々あります。

最初は、崇高な目的で作られて運用もそれなりにできていたと思われますが
時が立つと利権が生まれてきます。これはどの世界でもそうです。
ライセンスを与える権限を持つもの、そしてその権限に群がる人たち、そして、犠牲者。
特にこういう国家資格(士稼業等)ではない任意団体が与えるものは
ビジネス、既得権益に走りやすいです。

まさに今そういう過渡期ではないかと思うのが、トリミング業界ではないかと思います。
専門学校は、底辺を広げることにとても役に立っていますが
その裏には、いろんな形態でビジネスモデルがあり、それ以外でも利益を
上げようとしているところも散見されます。

一度権限を持つとそれを利用してお金に結び付けたり
それでまたより一層権限を持つという悪のサイクルが発生します。
それが既得権益だと思います。

私はビションの事しかわからないのですが、
先生と呼ばれてる人が、ビションを一頭カットした写真も見たことがないですし、
講演を聞いても納得できかねる内容だったり・・・、たまにショーで見かけても
変なカットして出てくるし。

昔のスタンダードのまましゃべっていたり?勉強してるのかな?と思う事も多々あります。

トリミングには、スタンダードの正解はないと思います。
数学のように、公式通りやれば答えが一つという事でもなくて。

トリミングの目的は?といえば、欠点の補正(ごまかす)とよりよく見せるためであると思います。
(犬は満点はいないので)スタンダードを理解し、欠点、長所を見つけて
それをどう見せていくか?が一番大切だと思います。
また、スタンダードも徐々に変わっていって(つまり流行があるので)
それに合わせたカットが必要となってます。
また、国や地域毎に微妙違っています。

大きく分けると、アメリカ流(中国、韓国は影響を受けています)とヨーロッパスタイルの違い
があります。日本はFCI加盟国なので、そのスタンダードに合わせたカットをすべきだと思っていますが
どういうわけかAKC(アメリカ)流が強くて、何か違うなといつも思っています。

これは二年前に撮影したイギリスのクラフトの様子です。
特徴的なスタイルを集めてみました。
DSCN0011.JPG
DSCN0012.JPG
DSCN0101.JPG

で、以下はFinlandの北欧スタイル。
これが今ヨーロッパでは主流になっています。
f19807088.jpg
IMG_1105.JPG


IMG_5589.JPG




IMG_5597.JPG

ロシア系(若干変化しています)

IMG_7340.JPG

IMG_7344.JPG

これが、アメリカタイプ
IMG_9963.JPG

北欧、ヨーロッパタイプの子は、歩様がいい子が多くて
サイズも小さくなりつつあります。
また、フロントの奇麗な作りの子が多いので、
首が落ちないので、彼らの狙いは、胴体は短く詰まって見えて、ネックは長く見せたい
というようなカットを目指しています。
つまり、カットの目的(どのように見せたいのか?)が見ていて、
とても理解できます。
枝葉の細かい部分は、日本人中国人系の方が手先が器用な分
繊細に出来上がると思いますが、私には、何をどう見せたいのか?と
いうのがわからないという印象を受けます。

彼らはラインセンス制度はない国がほとんどで、
自分でカットしてショーに出ています。
お互いに教えあいながら、意見を交えながら
理解を深めていくのです。
日本は徒弟制度が根本にありますから
意見は言えません。私も一度、イギリスではこうやってカットしているみたいですよと
言ったら、基本が出来ていないのに、しゃべるな、10年早いと言われました。
どちらが正しいかはわからないですが、私はEUスタイルが大好きです。

パッとみてかっこいいな!ビションってかわいいだけじゃなくて
かっこいいんだ!!と思えますから。

胴の長い子、首の短い子、鼻の角度、長さ等それぞれ個性がありますから
その個性をどう生かしてカットするか?を求めてトリミングしてもらえば
良いトリマーさんになれるのにと思います。

ちなみに、競技会ではよく切れた人がだめみたいですね。
トップラインは3センチ以上切ってはだめとか・・・意味不明。

かっこよく仕上げる!!
これが、目的なんだと思います。

で、今回の趣旨は。。。
ライセンスってそんなに大事なんですか?
ってことです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ビションフリーゼ専門犬舎 岐阜、三重、愛知
ビションフリーゼ子犬販売
犬舎見学はお気軽にメールにて、お申し出ください。
お急ぎの方は、お電話くだされば結構です。
また、ビションについてのご質問(ブリーディング、トリミング、
管理、ショーについてなど)もご遠慮なくメールください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 10:33| Comment(0) | ビションフリーゼ

2019年09月03日

お知らせ お隣で・・・

お知らせです。
当犬舎の隣にある小さなログハウスにて
今日からDOGSALON MARIEをグランドオープンします。
私が一番最初に飼ったファーストビションはマリーちゃんでした。
もう、亡くなってから7年たちますが、やはり、彼女には夫婦ともに愛着があり
彼女の名を借りて店舗の名前にしました。
虹の橋から見守ってもらえるように・・・。
喜んでくれるかな?



娘のやっていたサロンが閉店しましたので、以前からのスタッフが
しばらく一人でやっていく予定です。

プレシャスハウス → モプティシェリ → マリーと
P-house設立当初から、ずっと通っていてだいているお客様、
そして新しく来ていただいているお客様、本当にありございます。
一人なのでなかなか思うように予約も取れないかもしれませんが
スタッフのさきちゃんは、トリミングが本当に好きで
一生懸命、優しくワンチャンのトリミングをしています。

これからも、末永く、よろしくお願いします。

IMG_0513.JPG
IMG_0340.jpeg
IMG_0339.jpeg
ドッグランもありますので早めに来ていただいて、
トリミング前に遊んでストレスを発散してから
トリミングへどうぞ。
人工芝なので汚れないと思います。

お待ちしております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ビションフリーゼ専門犬舎 岐阜、三重、愛知
ビションフリーゼ子犬販売
犬舎見学はお気軽にメールにて、お申し出ください。
お急ぎの方は、お電話くだされば結構です。
また、ビションについてのご質問(ブリーディング、トリミング、管理、ショーについてなど)
もご遠慮なくメールください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 11:19| Comment(0) | ビションフリーゼ