2017年07月27日

Jackのご先祖さん 2題 

昨日、フェイスブックにて、JackのおじいさんにあたるRisgae's Wild Bill (Billy)が
亡くなったことを知りました。
アメリカでチャンピオンになった後、一年間イギリスのPauline宅で過ごし
ショーチャレンジして、イギリスのチャンピオンになり、その間、たくさんの子孫を残しました。
その子孫がイギリスに残り、ある子はフィンランドへ(Vickieのおじいちゃん)、デンマークや
ベルギーへと渡っています。
IMG_2464.PNG
IMG_2463.JPG

私は見たことはなかったですが、彼を知っている多くの方から、
素晴らしい可愛らしいビションだった、そしてとてもいいスタッドドッグだと
聞きました。

とても残念ですが、ショー引退後もとても大切に愛されて老後を送っていたそうです。

そして、もう一人の御先祖さんのManoir's Shot in the Dark(Bullet)ga
10歳の誕生日を迎えたようです。
今は引退してペットとして、ご家庭で愛されているそうです。
IMG_2462.JPG
IMG_2461.JPG
Jackにとても良く似ています。
DSCF1351s.jpg
Jackです。

Bulletは、私が最初にクラフトで見て、衝撃を受けたビションです。
リングの中で際立って輝いていました。
IMG_1601a.jpg
向かって右端がBulletです。3歳の頃だと思います。
彼を見てから、この犬舎のビションが欲しいと思うようになり
ショーの終了後、話をさせてもらいました。
帰国後、教えていただいたHPを何度も見て、ますます、この犬舎の子を
持ちたいという思いが沸き上がり。。。
紆余曲折あって、Jackが来てVickieが来ることになったのです。


posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 11:44| Comment(0) | ブリーディング

2017年05月26日

とある記事二点

とある記事二点・・・
一つ目は、流行っているのかわかりませんが、ティーカップトイプードルの記事。パンチ
こんな記事です。
争点「40センチで骨折」ペットサロン45万円支払いで和解
 トイプードルが骨折したのはペットサロンの不注意が原因だとして、飼い主の女性がサロンの運営会社(大阪市)に約100万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、会社側が45万円を支払うことで和解した。見た目が可愛く、室内犬では一番人気だが、高さ40センチの台から飛び降りただけで骨折していた。獣医師は「トイプードルの骨は割り箸のように細い」と注意して飼育するよう呼びかけている

トイプードルでさえ、骨が弱かったり、関節の悪い子が多いのに、
ましてや、ティーカッププードルなんて・・・二センチ程度の太さの下腿骨らしく。。。
友人宅のタイニーサイズのプードルは、応接間のテーブル(30センチ程度の高さ)から
落ちて亡くなったそうです。
小型化も進みすぎると問題が多くなってきます。(ちなみに120万円位するそうです)
買う人がいるから、小型化していくんでしょうが、健康面も考えると
どうかな?と思ってしまいます。



次に、ある北欧のブリーダーさんの記事があったので、ご紹介しておきます。
ノルウェーかスウェーデンのブリーダーさん(シーズーのブリーダーさん)で
彼女のサイトに掲載されていたブリーディングの考え方を紹介されていました。
彼女は、まず、繁殖をこれからスタートする人にはとにかく良いメスを探しなさいと
アドバイスしているそうで。
一番大事なのはメスのラインで、お母さん、おばあちゃん、そしておばあちゃんの姉妹、
お母さんの姉妹、先腹があれば同胎のメスを徹底的に調べる事と言ってます。
種オスの良し悪しを多くのブリーダーはとても気にするが、オスはそこまで
影響はしないと言います。
遺伝学的にもそれは言えるかもと納得!
そして、例えば4頭子犬が産まれて一頭だけいいのがいても
それは遺伝的に使えないし、使うべきではないと言ってます。
というのはタイプがばらけているから、次にどういうタイプが出てくるのかわからない
からという理由らしいです。
同じ犬舎(ライン)で揃えるべきと言ってますが
(日本ではそれは無理ですね。外国産のラインが入ってきても
因果関係のないラインだったり、かけるオスがいなくて
チャンピオンだったら、誰でもいいからかけようとしたり)
ある犬舎では、欠点が一緒でいつも違ったタイプの犬が出てたりしています。
それはメスのラインが悪いと言っています。
タイプを安定させるのには、何度も因果関係のあるラインを
組み合わせる必要があるそうですが、逆に、血液が詰まってしまうという
難点も出てきます。
その辺りが、本当に難しいなと思っています。
ちなみに、JackとVickieの血統上は、4代目位には、同じ犬名が
出てきます。それを狙って輸入したというのもありますが
次から、また、輸入するのが難しくなってしまいますね〜。
あー難しい。

という事で、うちの歴代の女の子を・・・

marie-sakura.jpg

120519_131159s.jpg

IMG_1130.JPG
posted by GEMINI MOON BICHON FRISE at 10:18| Comment(0) | ブリーディング